FC2ブログ

    記事一覧

    ブレーキ準備③

    やっと仕事が落ち着いたので、ブレーキの続きを進めていきます。
    その前に、以前作ったエンジンの記事にコメントが付いていたので、自分の採寸方法を書いていきます。
    既存の部品と新規製造の部品を組み合わせるときに一番難しいのが、各部品のマッチングです。
    ちゃんと組み合わせるには、既存の部品をなるべく正確に採寸することです。(特に穴のピッチは重要です。)
    カブのシリンダーで説明すると↓


    シリンダーボアのセンターを出します。
    自分は、いらないピストンに旋盤で穴をあけて中心を出しました。
    後は、ボア中心とスタッドボルトの取り付け穴を、それぞれ①②③④⑤三角形に成るように測っていきます。
    今回色を付けた三角形は測定に必要な最小限の数です。
    出来れば、①と②を組み合わせた三角形②と③を組み合わせた三角形と云うようによりたくさんの三角形で測っていくと良いと思います。
    この時、当然測定値が合わなくなりますが、自分は場合は平均値で決定しました。
    測定には自作の穴ピッチノギスを使いました。


    正直、自分のやり方では、頑張っても1/20mm位までしか精度が出ません。
    ちなみにオイルポンプのオリフィスの穴とカムチェーンの穴はあまり精度が要らないので適当です。
    後は色々工夫して自分に合った想定方法を見つけてください。


    さて、ここからは」キャリパーサポートの続きです。
    結局、色々考えましたが前の記事のまま進める事にしました。(ダメだったら中華2POTキャリパーを買います)
    前回でサポートの設計自体は終わっているので、制作用の図面に起こしてきます。


    今回はCNCを使わない方法で制作できるか検討してみます。


    フライスにセットして図面道理に穴を空けて行きます。


    この段階でネジ穴も作ります。


    各部正確に穴あけが終わりました。


    次回は、いよいよ外形切削です。


    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター