FC2ブログ

    記事一覧

    テスト走行と問題点

    サイレンサー比較のテスト走行をしました。

    まずはKawasaki改サイレンサー。
    排気抵抗が大きいせいか中低速は結構いい感じです。
    しかし回転の頭打ちが非常に速い、大体9000RPMで回転上昇が鈍くなって、その後ダラダラと10000RPMまで上昇する感じです。
    音は比較的マイルドで良いです。



    次に純正改サイレンサー
    中低速は、Kawasaki改サイレンサーに比べて確実に悪くなっています。
    特に6000RPM位にある谷が気になります。クラッチのミートに失敗すると、加速できなくなります。
    高回転は、非常に良いです。谷を上手く超えてしまえば、綺麗に10000RPMまで上昇します。
    音は2stらしい甲高い音です。
    嫌いではないけど少しうるさい。



    最後に自作サイレンサー。
    中低速は、純正改に有った谷が目立たなくなっています。
    純正改の時の様に、スタートの時に神経を使わなくていいので楽です。
    高回転も純正改のように、スムーズに10000RPMまで回ってくれます。
    音は、Kawasaki改サイレンサーを少し大きくした感じで、2st特有の高音が大分マイルドになっています。


    今後は、全体のバランスが良いので自作サイレンサーでセットアップしていきます。

    しかし、ここで一つ問題が有ります。
    以前のノーマルエンジンは、十分な直線が有れば、10500RPM位まで回っていたのが、今回のエンジンは10000RPM以上回転が上がらない。
    元々非力な50ccエンジンなので、この500RPMはどうしても欲しい。
    エンジンを組むときに気になっていた事が一つ在ります、それはピストンの形状!!
    左が純正、右が今回買ったシリンダーに付いてきた、中国製?台湾製?
    見ての通りピストンに吸気ポートが空いていない・・・。
    最初は純正と同じようにポートを開けるつもりでしたが、純正と違い穴の所の板厚が薄くて走行中ピストンが割れそうだったので、やめておきました。


    とりあえず、ピストンのみ純正に戻してみます。
    ピストンリングは、摩耗限界をとっくに超えているので、右のピストンに付いている新しいものを使います。
    テスト走行の結果10200RPMまで上がりました、エンジンとしてはポート研磨したことにより、全体のトルクが上がっているので、ギア比の変更を検討しながら、このままセットアップを続けたいです。


    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター