FC2ブログ

    記事一覧

    動力変換シャフト制作②

    前回の続き
    外径が大体終わったので先端にタップを立てます。


    最後に、突っ切りでカットします。
    旋盤作業は、突っ切りとネジ切が苦手です。



    掴み変えて反対をせっさくします。
    端面を整えて少し、中ぐりをします。


    ここからはフライス盤での作業に成ります。
    フライス盤にサーキュラーテーブルをセットしてセンターを出してシャフトをセットします。


    この部分は、新エンジン本体と旧クランクケースを動力的に接続する部分です。
    計6っか所、突起を作っていきます。



    最後にスプラインの制作です。
    フライスからサーキュラーテーブルをどかして割り出し盤をセットします。


    突起が6っ個のスプラインを作ります。
    横フライスが有れば、もっと簡単に出来そうですね。



    次はギアの追加加工です。


    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター