FC2ブログ

    記事一覧

    クランクケース⑤

    前回の続きで、内部の切削を進めていきます。
    カムチェーンの通る部分の切削をします。
    切削を容易にするために事前にドリルで穴を開けまくります。


    この後エンドミルで切削すると、多少時間短縮に成ります。


    下側が終ったので上も同じように切削します。
    写真を撮り忘れました。
    一応、目安のために青ニスを塗ってケガキをしておきます。
    ここまでで、クランクケースの後ろ側の切削が終わりましたので、前側に移動します。
    やり方は、同じです。
    違いが有るとすれば、前側はクランクケースの上下を組んだ状態で切削していきます。


    この後、いよいよベアリングを受ける部分を切削するつもりでしたが、自分のフライスでは、どうしてもボーリングバーで加工するための距離が確保できないので、旋盤に移動したときにセンターがきちんと出るように、ドリルで下穴を開けて短いボーリングバーで入口だけ綺麗な円形の加工をしました。
    旋盤に移動します。


    この穴をひたすら拡大していきます。
    バイトの突き出しが多いので少しずつか切削できません。
    旋盤の自動送り機能を使っていますが、あまりに待ち時間が長いので、旋盤に自動ストップのアタッチメントを急遽作りました。
    もっと高級な旋盤には、自動送りと自動ストップが付いているのかな?


    結局少しずつしか進めないので3日ほどかかりました。


    何とか所定の寸法に成りました。
    後は粗削りのままの部分を仕上げます。


    この時点で重量は上下合わせて4.8kg、最初は上下合わせて17kg有ったので、沢山切子にしたな~・・・まだまだ軽くします。
    折角なので仮組してみました。
    一か所穴の位置が間違っていたので修正が必要です。


    中身は何も入って無いので外側だけです。
    でもテンション上がります。

    この後の切削準備がまだ出来てないので、次回の更新は少し先に成りそうです。
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター