FC2ブログ

    記事一覧

    仮組の前に作る物。

    前回、エンジンの仮組をすると予告しましたが、部品を少し忘れたので、先に部品を作ります。
    まずはシリンダーヘッドが揃わないので、手持ちの中華ヘッドの2個使います。
    中華ヘッドは90cc用と125cc用ですがどちらもよく似ています。
    50ccで使うにはスキッシュエリアが広いので、ヘッドを面研してスキッシュエリアを狭くします。


    次は、カムシャフトを作ります。
    このエンジンの場合左バンクは、カムの回転が逆になるので、逆回転用のカムが必要になります。
    まずは中華カムをばらします。


    中華カムは、横型6Vや12Vと違うカムが入っています。
    噂ではモトラのカムと似ているようです。
    取り敢えず、プレスでベアリングなどを外していきます。


    前回の水平対向と同様に溶接で肉盛りをします。
    鋳鉄のせいで、中々上手く行きませんが何とか盛れたかな?


    後は削って見ないとわからないので、カムグラインダーを用意します。
    これも水平対向の時に作ったものです。
    型を取るためのマスターカムはもうセットしてあります。


    肉盛りしたカムをセットします。


    早速削っていきます。


    巣が・・・・・。


    やっぱりこっちも巣が・・・・。


    どうやったら鋳鉄の肉盛りは上手くいのだろう・・・。
    とりあえずこれは、このまま進めていこう・・・。
    アリエキで、もう一個カム買ったし。
    それでだめなら鉄の棒から新規にカム作ろう・・・。
    とりあえず熱処理します。気休め程度ですが。


    後はベアリングが来れば組み立てられます。

    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター