FC2ブログ

    記事一覧

    ブレーキフィッティングの考察

    ブレーキは諦め切れなかったので対策をしていました。
    調べてみると幾つかのことが判りました。
    とりあえず制作の順序です。


    ①はパーツを判りやすく並べているだけですが、この段階でホースは綺麗にカットしおきます。
    ②でホース固定ナットをホースに通します。
    ③でオリーブをホースのインナーとアウターの間に挟むように入れます。
    ④バンジョーにホースを取り付けます。
    ⑤ナットを締めこみます。
    基本的な手順は以上です。
    細かい手順などは他のサイトなどでも載っていますので割愛させてもらいます。
    下に⑤の拡大があります。

    今回、オイル漏れが最後まで直らなかった、フィッティングを分解した時オリーブとホースが簡単に外れてしまいました。
    本来なら一度、組み付けたオリーブは変形してホースのインナーに食い付いているので外れにくいはずです。
    そこで、オリーブとホースの相性の問題だと思いました。
    ホースの規格は#3ですが、これは内径の規格なので外形は特に考慮していないようです。
    大事なのはオリーブの穴径とホースインナーの外形がちょうど良いことのようです。
    そこで、ハーレーのパーツなどを扱っているガッツクロームさんで、オリーブだけを購入しました。
    元から付いていたオリーブとの比較が下です。


    形状の違いは一目瞭然です。
    まず、外形が買い直した方は細くて長いです。
    あと穴の径も少し狭くて中に突起が出てホースをガッチリ固定できるようになっています。
    このオリーブで試した所オイル漏れは止まりました。

    結果としては、オリーブとホースの相性がすごく大事なようです。
    ちなみに、ここまでで1本あたりの制作費は1600円くらいです。
    普通に買うよりは安ですが、物がブレーキだけに、自作する方は慎重に作業してください。
    信頼性は低いですが、自分の欲しい長さに作れる利点は有ります。

    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター