FC2ブログ

    記事一覧

    メインシャフト付属部品

    メインシャフトに取り付ける部品の制作です。まずはギアの追加加工です。写真を忘れたので、完成です。次はベアリング、ホルダです。旋盤でゴリゴリ削って完成です。ベアリングをセットします。裏側にもベアリングをセットします。ギアと合体!!書き忘れましたが、前回のギア同様スプライン加工をして有ります。後は、スペーサーを作ります。単なるパイプですがオイルホールを開けておきます。次回はメインシャフトのオイルホール...

    続きを読む

    メインシャフト制作②

    前回の続きを進めていきます。まずは、掴み変えてジェネレーター側のベアリングが入るシャフトを作ります。次はオイルポンプ駆動用のスプロケットが入る用に精密に作っていきます。後はジェネレータを取り付けるためにテーパーとネジ加工をします。まず、テーパー加工は、純正クランクシャフトのテーパーを測ります。フライスにセットして、シャフトが平行なのを確認したら、ダイヤルゲージをテーパーの端に当てて10mm横に移動し...

    続きを読む

    メインシャフト制作①

    久しぶりの更新です。暫く作業を、していなかったので何処から進めるか迷ってしまいましたが、思い出しました。今回からは、メインシャフトと名前を付けている部品の制作です。この部品はノーマルクランクの代わりに付ける部品です。長いので、旋盤作業が大変です。とりあえず、図面です。突き出しが長いのでビビりが心配です。全体を綺麗にします。この段階で一番太い33mmにします。ここは、多少の誤差は許容できます。次に端...

    続きを読む

    クランクケース追加加工・仮組

    図面での検証結果クランクケースを2mmほど削れば組み立てられることが確認できました。本番用のクランクケースなら、綺麗にボーリング事も考えましたが、位置確認だけのクランクケースで手間を掛けたくないので、簡単にグラインダーで削ることにしました。この部分を少しだけ削りました。左右とも削ります。もう一度仮組です。以前は角がギアの角が当たって入らなかったのですが、きちんと入りました。位置も問題なさそうです。...

    続きを読む

    動力変換部・仮組

    前回でスプラインが切り終わったので仮組をしますが、きつくて入らないのでリューターで仕上げながら微調整します。何とか入るようになったので部品を並べてみます。部品が揃うと何か嬉しいですね。早速組み立てます。良い感じです。シャフトもスムーズに回ります。テスト用のクランクケースに取り付けますが・・・。純正ベアリングのケース部分に邪魔されて入りません・・・。もしかして計測不良による設計ミス・・・。図面をよく...

    続きを読む

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター