FC2ブログ

    記事一覧

    ギアの追加加工③

    穴側のスプライン加工ですが、旋盤などを使って少しずつ削っていく方法とブローチという工具を使って一気に作っていく方法が有ります。今回は、アリエキでブローチを見つけたのでブローチで作っていきます。使うのはキー溝用のブローチを使います。見た目は、すごく太い鋸みたいな格好です。ブローチを使うにはまずガイドに成るコマが必要です。とりあえず簡単に図面を作ります。後は、ひたすら旋盤とフライス盤で作ります。バリを...

    続きを読む

    ギアの追加加工②

    まずはギア側の加工ですが、ここは余り精度が必要ないので簡単に済ませます。抜け止め用のワッシャーを沈めるスペースを作るだけです。ここからは、先ほど作った冶具を使います。14mmの穴を開けていきます。実は作った冶具無くても問題ありませんでした。もう一個のギアの時に必要な物でした。スパイラルギアはLとRが有るのですが、それぞれ少し直径が違うので、同じような冶具がもう一個必要です。今回の冶具も何かに使えるかもな...

    続きを読む

    ギアの追加加工①

    動力変換用のギアの追加加工をしていきます。使うギアは市販品のスパイラルマイタギアを使います。このままでは旋盤にセット出来ないので、冶具を作っていきます。冶具は転がっていた鉄の端材で作ります。昔ヤフオクで買った端材だけど、やけに硬かった。使うギアが隙間なく嵌るようにします。綺麗に嵌るのが確認出来たら、掴み変えて反対を削っていきます。外周を削って整えたら、穴あけとスリットを付けて終了です。図面んと少し...

    続きを読む

    動力変換シャフト制作②

    前回の続き外径が大体終わったので先端にタップを立てます。最後に、突っ切りでカットします。旋盤作業は、突っ切りとネジ切が苦手です。掴み変えて反対をせっさくします。端面を整えて少し、中ぐりをします。ここからはフライス盤での作業に成ります。フライス盤にサーキュラーテーブルをセットしてセンターを出してシャフトをセットします。この部分は、新エンジン本体と旧クランクケースを動力的に接続する部分です。計6っか所...

    続きを読む

    動力変換シャフト制作①

    今回から、動力変換シャフトの制作をします。図面は、こんな感じ。とりあえず、旋盤のチャックを何時もの3つ爪チャックから4つ爪チャックにします。精度が必要な場合は、4つ爪チャックの方が良いですね。(心出しに時間が掛かるので好きではありませんが。)とりあえず、セットしました。作る物に対して、かなり多く材料を突き出していますが、これは旋盤の主軸の貫通穴より太い素材を咥えているからです。本来なら、プレカットし...

    続きを読む

    動力変換部・制作⑤完

    動力変換部の完成です。前回の続きで、ヤフオクから到着を待っていたベベルプロトラクター。高精度な分度器です。これで最後の切削が出来ます。この測定器で、フライスに正確に45度の角度を付けてセットします。やっぱりフライスの移動量が足りないので上下2回に分けて切削します。良い感じに切削できました。早速仮組してみます。慎重にノックピンを合わせると綺麗に入ります。この状態で穴を覗くと、すべてのネジ穴があけた穴の...

    続きを読む

    動力変換部・制作④

    必要な穴が全部終わったので、仮組をしますが、今後組み立てにはエンジンマウントが必要に成るので先にエンジンマウントを作ります。簡単に図面を作って薄いアルミ板を切っていきます。薄板の加工に便利な、ハンドニブラ。この板を定規代わりにして、プラズマカッターで切っていきます。定規代わりのアルミ板はねじ止めしてあります。今回は、全体の形は多少歪んでも問題無いのですが、穴の位置は正確に開けておきたいです。一枚目...

    続きを読む

    部品調達

    昨日、部品交換会にて部品調達をしてきました。いわゆる横型エンジンのノーマルパーツまとめて購入。特に重要なのは、クランクシャフトとシリンダーヘッド。次に重要なのは、スタットボルトとマニュアル化用のクラッチ回り。後はおまけです。これで、余剰部品も合わせて大体揃ったかな?...

    続きを読む

    動力変換部・制作③

    旋盤による切削を進めていきます。面を整えて目的の寸法にしていきます。目的の寸法に成ったら。中央に穴を開けてベアリングが入る穴を削ります。ベアリングがきつく入るくらいが、ちょうどいいけど難しい。ベアリングの穴の成型が終わったら、ひっくり返して反対もベアリングの穴を削っていく。削り終わったら、不要な部分を削って成型する。もう一度、フライスにセットしてノックピンの穴を開けて完成。後で仮組をします。この時...

    続きを読む

    動力変換部・制作②

    今回は穴あけです。問題が一つ有ります・・・。加工サイズが自分のフライスの移動量を超えています。自分のフライスは、X267mm Y136mmしか移動できません。(加工するものは160.04mm×160.04mm)考えた末に、上下2回に分けて加工していきます。まずは上半分穴の位置は、設計図に中心からの座標として書いてあるので、デジタル表示器を信じて、ひたすら数字を追っていきます。上半分が終わりました。必要なところは、この...

    続きを読む

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター