FC2ブログ

    記事一覧

    フレーム修理&塗装

    全体を組み立てる前に、フレームの修理と塗装をします。今回は、実験を兼ねて塗装してみます。使用する塗料は、下地にホームセンターで売っているアサヒペンの油性サビ鉄用を使います。メーカーによるとこの塗料は特殊サビ止め入りでサビの上からでも塗れる優れものです。(ホントカイ!)使い方を見ると酷いサビにはぬれないので浮きサビなどを除去すると書いてあります。(まあ安いのでこんなもんでしょう。)まずサビ落しと、今...

    続きを読む

    リアサス組み立て

    昨日の続きです。アルミで作ったカバーは合計4個あります。  分解した部品を灯油できれいにします。  外装部品は色を塗ります。 後は分解した時の逆の手順で組み立てて行きます。 押し込むのが、大変だったので自作のスプリングコンプレッサーを使います。完成です。...

    続きを読む

    リアサス続き

    リアサスの外のカバーは比較的サビがひどくなかったので、サビ落としをして使います。内側のカバーはサビで穴が開いているのでアルミで作ります。(本来は鉄でメッキしてあります。) まず、アルミ板とアルミパイプを切り出して、溶接します。 うーん恐ろしく汚い。アルミの溶接は初めてでいたが、難しいです。自分の溶接機は半自動なので難しいのかもしれません。まあ、強度の居る部品じゃないので良しとします。 ...

    続きを読む

    トヨモータ・リアプランジャーサス分解

    ブロフシューペリアを目指していますが、トヨモータのリアサスは気に入っているので、整備して残します。まず分解していきます。 状態はひどいの一言に尽きます。まず、バイスに下のブラケットを挟んで固定します。 上のブラケットの穴に適当な棒を入れて回します。(モンキーレンチなどで挟んでもOK) 外れるので後は上から部品を引き抜いていくだけです。 とまあ、こんな感じで部品が挿してあるだけです。基...

    続きを読む

    Fフォーク短縮

    前回フィッティングをして気が付いたのですが、ジャズのフロント流用だと少し長いのでフォークを詰めます。 まずフォークをばらします。 インナーチューブを旋盤にセットして芯だしをします。芯だしを行うので、4爪チャックに交換しておきます。マイクロメーターで振れをなくします。 ケガキをして切断します。 この後、内側のねじ切りをして終了です。 この手法は、ホンダの50ccクラスのバイクの一部...

    続きを読む

    ブラフシューペリアが欲しい・・・。

    Brough Superior (ブラフシューペリア)昔から自分が最も欲しいバイクです。しかし買える訳も有りません。 そこで、買ってそのままに成っていたトヨモーターのバイクのフレームを使って小さなブラフシューペリアが作れないかと思いつきました。トヨモーターは再生が可能ならば直すつもりだったのですが・・・。余りにひどい状態なので再生をあきらめました。 作業自体はもうはじまっていて、パーツのレイアウトをしてる...

    続きを読む

    クランクシャフト分解ツール

    とりあえずフライすが動くようになったので、材料だけ買って手をつけていなかったクランクの分解用の工具を作ります。ホンダの横型50ccはクランクピンがセンターシャフトに緩衝しているのでプレスで押しただけでは抜けません。そのためクランクシャフトを挟むようなジグが仏用になります。 まず十分に厚い鉄板を用意します。 穴あけの位置決めをして42mmの穴を開けます。 フライスでV字型に切ります。 こんなかんじでクランク...

    続きを読む

    プロフィール

    engine太郎

    Author:engine太郎
    FC2ブログへようこそ!

    エンジン太郎カウンター